2005年05月12日

新潟大賞典 考察

さて、続いては新潟大賞典。早速いきましょう!

新潟大賞典の本命はエリモマキシムです。

左回りの新潟競馬場での開催となって4回目。今回はサンプル数は少ないですが、過去3回の新潟大賞典から絞り込みます。

まず斤量別に見てみました
          (   成績    /単勝回収値−複勝回収値)
49.5〜51Kg   (0,0,0,1) /   0円−  0円
51.5〜53Kg   (0,0,0,11)/   8円− 55円
53.5〜55Kg   (1,2,2,19)/  59円− 81円
55.5〜57kg   (1,1,1,7 )/  67円− 81円
57.5〜59Kg   (1.0.0.0) / 360円−160円

57.5Kg以上の馬は過去1頭ですが、斤量が重いほど成績が良いのは確か。55kg以下の組は成績が悪く全て脱落とします。

さらに前走関東主場(東京・中山)コースを走ってきた馬は(0,1,0,9)、唯一の連対馬ビッグゴールド(02年)は「2走内に2000m以上の別定重賞で3着以内」の条件を満たしていたとして、それ以外の「前走関東主場」組は脱落します。


ここまでの該当馬はセフティーエンペラー(長谷川)、ウインジェネラーレ(上村)、ロードフラッグ(武士沢)、エリモマキシム(大西)、マイネルアムンゼン(木幡)、トーセンダンディ(江田照)、ダンツジャッジ(中館)
7頭も残ってしまいましたが、一気に騎手データで絞り込みます。

今回の騎手データは、改装後(=過去4年)の新潟でのデータに限定、ただしサンプル数が少なくなるため「1800m〜2000m芝」でのデータとしました。また、前売りオッズ(14日22時現在)を参照に、全騎手「人気しない=単勝7.6倍以上」のデータで調べました。
     (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
長谷川   0%− 0%− 0% /    0円−  0円
上村    0%− 0%− 0% /    0円−  0円
武士沢  10%−10%−30% / 1152円−257円
大西    3%−10%−21% /   35円−108円
木幡    6%− 8%−20% /   93円− 70円
江田照   6%−12%−16% /   74円− 61円
中館    5%−10%−21% /   74円− 87円

武士沢騎手のデータは10鞍のもので、やや信頼にかけるため、大西騎手の好成績と高回収値に期待してエリモマキシム本命としました。

また★馬には先程信頼がかけるとしながらも、やはり回収値面では魅力のある武士沢騎乗のロードフラッグとしました。


予想評価(本命=エリモマキシム)
「自身度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=低」

予想評価(★馬=セイウンニムカウ)
「自身度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=低」

posted by らんふらんこ at 02:39| 🌁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。