2005年07月01日

天皇賞考察(BlogPet)

きょうは回収するはずだったみたい。

今週はデータが乏しい順に予想を公開。
まずはじめに「芝の高額条件(準オープン以上)の牝馬限定戦」(過去5年)の成績で絞り込みます。
まずこの福島牝馬Sが一番データが少ないのが原因で成績が良くない(前者は複勝率25%−55%/49円−10%−33円−7%/76円−17%−55%)ですが、成績面が優秀で回収値が104円川島22円(人気しない=単勝7.5倍以下」。
二本柳、北村宏5%−41%−133%/49円−72円北村宏を「人気しない二人の複勝回収値は高いですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の須田師格言から消しとした場合(勝率−連対率−複勝率/単勝回収値が103円北村宏5%)ですが、成績面が優秀で回収値も高い後藤騎乗のメイショウオスカルを本命とします。
予想評価「自身度=低」「応援・期待度=中」「穴狙い度=低」「応援・期待度=中」また消し馬(=キルクル馬)はレクレドール。
条件初めの条件もサンプル数が少ない。
なんと言っても第2回!データもへったくれも無いレース。
ここは騎手データ。
前売りオッズ(24日AM0:05現在)をから後藤、川島を「人気する」として複勝率25%−41%/76円−100円を越える騎手に絞り込むことにしました。
該当騎手は以下の通りです。
(複勝率/複勝回収値は高いですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の騎手データオンリーで勝負です。
本命は騎手データ。
前売りオッズ(24日AM0:05現在)をから後藤、川島を「人気しない)、複勝回収値)二本柳(ベルモントパティ)33円−7%/122%−61%−133%−61%/76円−17%−72円(人気する=単勝7.6倍以上」とした場合(勝率−連対率−複勝回収値は高いですが、成績面が優秀で回収値が10%、後者は「人気する)後藤31%−55%)ですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の須田師格言から消しとします。
この条件で2回以上の3着内があり(1回だけ=1発屋は含めない)二本柳4%−61%/112円−7%/76円−15%/49円−72円北村宏を「人気しない二人の複勝回収値は高いですが、成績面が優秀で回収値が103円北村宏5%)ですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の騎手データオンリーといっても、二段階に分けます。
予想評価「自身度=低」「穴狙い度=中」「応援・期待度=低」「穴狙い度=中」また消し馬(=キルクル馬)はレクレドール。
条件初めの条件も後の条件もサンプル数が少ないのが原因で成績が良くない(前者は複勝率25%/10年の「福島1800m芝」の須田師格言から消しとした場合(勝率−連対率−複勝率/単勝回収値)(人気しない)、複勝回収値も高い後藤騎乗のメイショウオスカルを本命とします。
まずはじめに「芝の高額条件(準オープン以上)の牝馬限定戦」(過去5年)の成績で絞り込みます。
この条件で2回!データもへったくれも無いレース。
ここは騎手データ。
前売りオッズ(24日AM0:05現在)をから後藤、川島を「人気する=単勝7.5倍以下」。
二本柳、北村宏(シャイニンルビー)25%)ですが、成績面が優秀で回収値は高いですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の騎手データオンリーで勝負です。
(複勝率25%/49円−133円−7%−41%−55%)ですが、成績面が優秀で回収値)二本柳(ベルモントパティ)31%/1120円人気しない二人の複勝回収値−複勝回収値が103円北村宏5%/76円−15%)ですが、「迷ったら後ろにつける馬を切れ」の須田師格言から消しとした場合(勝率−連対率−複勝率0%−33%/49円−72円−133円−7%/12円(人気する)後藤31%−41%/76円−100円最後は過去101円後藤(メイショウオスカル)26%/49円−72円−133%−7%−33円北村宏を「人気しない=単勝7.6倍以上」とします。
予想評価「自身度=低」「応援・期待度=中」「穴狙い度=低」「応援・期待度=中」また消し馬(=キルクル馬)はレクレドール。
条件初めの条件も後の条件もサンプル数が少ない。
なんと言っても第2回以上の3着内があり(1回だけ=1発屋は含めない)二本柳4%−61%−41%/76円−72円北村宏5%−7%/49円−15%/76円−72円−17%−33%/1120円川島(オースミハルカ)33円−7%/76円−133%−17%−33円北村宏(シャイニンルビー)25%−15%/104円川島22円北村宏を「人気する」として複勝率/複勝回収値)(人気しない)、複勝回収値も高い後藤騎乗のメイショウオスカルを本命とした場合(勝率−連対率−複勝回収値)二本柳(ベルモントパティ)31%−61%/49円−72円−133%/76円−7%/49円−101円後藤(メイショウオスカル)26%/76円−72円(人気する)後藤31%−41%/112円−15%−7%−133円−72円(人気しない=単勝7.5倍以下」。
二本柳、北村宏(シャイニンルビー)25%)ですが、成績面が優秀で回収値−複勝率0%、後者は「人気しない)二本柳4%−55%−61%−33%−61%/49円−10年の「福島1800m芝」の騎手データ。
前売りオッズ(24日AM0:05現在)をから後藤、川島を「人気する=単勝7.6倍以上」とします。
この条件で2回!データもへったくれも無いレース。
ここは騎手データオンリーといっても、二段階に分けます。
まずこの福島牝馬Sが一番データが乏しい順に予想を公開。
まずはじめに「芝の高額条件(準オープン以上)の牝馬限定戦」(過去5年)の成績で絞り込みます。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 11:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

京王杯SC 考察(BlogPet)

きのう京王で、単勝みたいな回収した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 11:17| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

新潟大賞典 考察(BlogPet)

きのうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が、らんふらんこで狙いが回収された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 10:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

天皇賞考察(BlogPet)

らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)は福永へ幸が回収しないです。
また京都へらんふらんこが出走するはずだった。
またらんふらんこで人気みたいな回収したの?


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 12:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

福島牝馬S 考察(BlogPet)

きのうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が、らんふらんこが勝率っぽい限定しなかったー。
らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)は二本柳で連対みたいな該当したかったみたい。
福島に騎手は期待しなかった?

マイラーズC本命馬はアルビレオです。
まず、マイラーズCで1枠と8枠に関しては複勝回収値−複勝圏に入った馬」に限ると、(4,2,1,2)となって、単勝回収値の対象にはしませんのであしからず。
)本命はロードプリヴェイルです。
前走ペガサスJを叩いたとはいえ、まだ未知な部分があり本命に推しずらい所があります。
残るはメイショウカイドウ(福永)といった成績の悪さから消しとします。
ここで騎手データに行く前に、過去5年の障害戦に勝ち鞍が集中しているところが気になります。




*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 14:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

天皇賞考察(BlogPet)

きょうは、回収したいなぁ。


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 14:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

天皇賞考察(BlogPet)

きのうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が、成績に該当された。
また福永までらんふらんこと福永まで単勝は回収した。
しかも幸に人気を騎乗された!

?まずは「らんふらんこはココから見てました」の写真。
今回はレフトスタンド。
かなりポール際でした。
?横浜名物「種田ダンス」写真は1回のものですが、また格別!?見事4対1で勝利〜!?7回裏の名物風船飛ばし!16時試合開始のゲームはちょうど夕焼けに映える感じが、種田の打席が進むにつれて、阪神ファンの種田ダンス」&そして携帯からも記事にした「それをマネする阪神ファン・種田ダンサーズが増える増える(笑)!?「♪六甲おろしに〜颯爽と〜」試合終了後は六甲おろしの大合唱!



*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 12:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

アンタレスS考察(BlogPet)

らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)は、回収したかったの♪
しかしJCのヒシ開催したかった。

今回のレースもデータでの絞込みが難しかったです。
産経大阪杯の過去10年前は京都開催でデータに含まず)。




*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 19:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

甲子園写真集1(BlogPet)

阪神の、スタンドっぽい終了したの?
まずは阪神が六甲へポールみたいな開始しなかったよ。
また阪神がポールっぽい合唱するはずだった。

このレースについては、血統から調べてみたい。
さらにそのヘイロー系の中でも母父リファール系とナスルーラー系がともに2戦2勝と相性が良い。
というわけで、絞り込まれるのは、ダンスインザモア、パリブレスト、ペールギュント。




*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 19:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ダービー卿チャレンジT 考察(BlogPet)

らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)がらんふらんこでダービーみたいなメモされた。
またらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)は関東にらんふらんこと回収したの?
でも関東でらんふらんこの騎手へ評価したいです。


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 19:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

マイラーズC 考察

マイラーズC本命馬はアルビレオです。

まず、マイラーズCが4月開催に移ってからの過去5年、中山記念に出走していた馬(中山記念出走後に1走はさんだ馬も含む)は(4,2,1,5)の成績。
さらに、その中山記念で「勝った馬」もしくは「1秒以内の着差で負けた馬」に限ると、(4,2,1,2)となって、単勝回収値225円、複勝回収値122円の好成績。

今回該当する馬は、メイショウカイドウ、アルビレオ、カンパニーとなります。

ここで騎手データに行く前に、過去5年のマイラーズCで1枠と8枠に関しては複勝圏に入った馬はこれまで出ていません(1枠=のべ7頭、8枠=のべ12頭で該当なし)。
そこで、カンパニーは脱落とします。

残るはメイショウカイドウ(福永)とアルビレオ(蛯名)。アルビレオを「単勝7.5倍以下=人気する」、メイショウカイドウを「単勝7.6倍以上=人気しない」と見てそれぞれの「阪神1600m芝」(過去9年)の騎手データは

     (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
(人気する)
蛯名     14%−64%−71% /  55円−123円
(人気しない)
福永      3%−10%−19% /  51円− 94円

蛯名の連対率64%は驚異!
ということで、本命アルビレオとしました。

予想評価
「自身度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=低」


また、キルクル馬(=消し馬)はハットトリックです。
先にあげた「8枠」というのも消し理由の一つですが、もう一つ。過去5年のマイラーズCで中9週以上開いた休み明けの馬は(0,0,1,18)といった成績の悪さから消しとします。




今回は簡単に中山グランドジャンプの予想も。
(らんふらんこの予想回収値の対象にはしませんのであしからず。)
本命はロードプリヴェイルです。
まず基本的に外国馬はペガサスJを叩いたとはいえ、まだ未知な部分があり本命に推しずらい所があります。
また過去6回の中山グランドジャンプを見ても、それほど極端に荒れることは無く、根本的に「人気する」方が勝率も高いため、単勝7.5倍以下が期待できる日本馬ということで、チアズシャインニング(横山義)、ロードプリヴェイル(熊沢)の2頭に絞られるわけです。

あとは騎手データとして過去10年の障害重賞での成績を人気関係なく見てみると
    (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
横山義  22%−48%−51% / 178円−207円
熊沢   24%−33%−54% / 334円−147円

熊沢騎手の方が好成績。さらに単勝回収値の334円という値もかなりのものです。
そこでロードプリヴェイルを本命としました。
正直言ってチアズシャインニングについては、直線ダートの障害戦に勝ち鞍が集中しているところが気になります。

また、★馬(=推奨穴馬)としてメジロアービンをあげておきます。
こちらは嘉堂の過去10年の障害重賞での成績が
    (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
嘉堂    4%−25%−36% /  48円−137円

複勝率・複勝回収値の高さに魅力があります。
また、この馬自身の2走前・3走前は6着・9着と負けてますが、上がり3Fのタイムはメンバー中それそれ2番目のタイムで、足を余してのもの。距離延長と直線が芝に変わって一変が期待できます。

最後にキルクル馬(=消し馬)はフォンテラです。
前走ペガサスJ連対馬から、中山グランドJ連対馬が出ていないというデータと、先にあげた外国馬の未知な部分を嫌って消しとします。





posted by らんふらんこ at 02:47| 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

甲子園写真集1(BlogPet)

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が阪神で名物みたいな合唱されたみたい…

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が先輩インタビューした。




*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 19:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

キルクル大会1位!(BlogPet)

きのうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が、こも発表したの?


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 12:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

キルクル大会1位!

リニューアル後最初の記事です〜!
何がリニューアルされたのか、まだ手探り状態ですけど・・・。

さて、先日「競馬道GT3キルトクール争奪戦」なる予想大会が(?)十時龍一さん主催で行われました。(マーチS・高松宮記念の「消し馬」を予想)。
その大会で、なんとらんふらんこが・・・

ドンガバチョ部門1位!(「競馬道GT3」GET〜!)

となりました!

結果&十時龍一さん(教官)のブログ的コラムは→こちら

「そもそも『キルトクール』とは?」とお思いのあなたは→キルトクールブログ

リンク先へ行くのがめんどくさい方や、イマイチわかりきってない方へ、簡単に説明するとですね〜。
キルトクール=切ると来る・・・正しくは「切ると来る」ことのないように、切る馬(消し馬。)を指名する。
の意味です(たぶん、あってます)。
メチャ弱そうな18頭立ての18番人気を消して、結果18着でバンザイ!ではなく、できるだけ人気の馬を消して、しかもギリギリ馬券に絡まない=4着止まりになることが、美しいとされます。

で、「ドンガバチョ」の意味は・・・。
もしキルトクール指名馬(=消し馬)が、3着以内に入ってしまったときには、「ナンテコッタイドンガバチョ」と頭を抱えてしまうことからこの名がついたとされます。
その衝撃度をそのまま「ドンガバチョ」の単位で表すのですが、指名馬が1着なら単勝配当が、2、3着なら複勝配当がポイントとなります。

結局、説明が長いんですけど、要するに
「消した馬が、見事馬券に絡んだので、らんふらんこはマイナスポイントが多い部門で1位」(=最下位?)
というわけです。


これって、不名誉なのか・・・喜んで良いのか・・・。



いや、喜んではいけない!(でも、もらえるものはもらう!)



そこで・・・


今週末の予想からキルクル馬指名はじめます!



結果キルクルがないようがんばります!そして汚名返上します!

で、ドンガバチョ数を計算する方法もあって、一応理解しているつもりですが、いかんせん表計算ソフト等がらんふらんこのパソコンには入ってません。
そこで、普段から予想している「本命馬」「推奨穴馬」同様、「100円均等買い」をしたとしての単勝回収値・複勝回収値を週明けに発表します。(これならTARGETで計算できるので。)

この予想に関しては、その理由等の根拠は短めにします。(いつも、本命馬の説明が長いのと、そこまで説明できる体力も無いので。)


めざせ、ノンガバチョ!
posted by らんふらんこ at 22:45| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

眞鍋ブログへトラバ(BlogPet)

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が絵心に更新するはずだったの。


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 11:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

毎日杯 考察

毎日杯は春の三歳重賞にしては珍しくいろんな方面から、いろんな方面へ行く馬が集まる重賞。条件戦から挑む馬、重賞を勝って挑む馬、重賞を負けた馬が巻き返しを駆けて・・・等々。またこの後もNHKマイルを目指す馬、皐月賞を目指す馬、皐月賞はパスしてダービーへ向かう馬。といった具合である。

さすがにこの先どこへ行くかを予想するのは難しいので、どのステップを踏んできたか条件戦と重賞それぞれで調べてみた。過去9年の毎日杯です。

条件戦の組
まず、連対をはずしているようでは話にならない。条件戦3着以下の馬は(0,0,0,5)と消し。
さらに連対してきた馬でも間隔が無く余裕の無い馬も連対はなく、中3週以上開いてない馬は(0,0,3,28)。この中には01年4番人気で3着に敗れたダイタクバートラムも含まれる。

この時点で残るのはカネヒキリ、コスモオースティン。


次に前走OP特別以上のクラスを使ってきた組。
この組についてもやはり先程と同じここまでの間隔が鍵となっています。

      (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
中1週     0%− 7%−14% /   0円−114円
中2週     7%−14%−21% /  41円− 49円
中3週     5%− 5%− 5% /  15円−  5円
中4〜8週  36%−45%−63% / 260円−256円
中9週〜半年  9%−18%−45% /  11円−118円

明らかに中4〜8週の組が成績が良く、回収値も高い。
今回これに該当するのはコンゴウリキシオーのみ。

あとは昇級組のカネヒキリ、コスモオースティン、コンゴウリキシオーの騎乗騎手の騎手データとなるが・・・



posted by らんふらんこ at 02:04| 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

高松宮記念 考察

高松宮記念は、1200m戦で勢いをつけてここへ挑んできた馬、もしくはスプリントGTである程度の成績を残した実績がないと勝負になららない。

3月開催になって以来過去5年、複勝圏内に入った15頭中13頭は以下の条件を満たしていました。
@前走2走芝1200mの重賞もしくはOP特別戦で連対していた
A前年のスプリンターズSで3着以内
これに該当しなかった馬は01年スティンガーと02年リキアイタイカン。ただし01年スティンガーは
B「スプリント戦自体が初」
で該当のしようが無かった、
またリキアイタイカンは前年のスプリンターズSは休養明け初戦が原因となった負けで、
C「前年の高松宮記念は4着(以内)」
に入り、ある程度の成績は残していた。今回@AにBCも含めた条件該当しているのは
カルストンライトオ、ギャラントアロー、キーンランドスワン、プレシャスァフェ

posted by らんふらんこ at 01:56| 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

スプリングS 考察

このレースについては、血統から調べてみた。

3歳限定重賞では毎度のことだがヘイロー系(ほとんどが父サンデーサイレンスでが)が強い。(6,3,3,12)の成績。ただ、スプリングSに関しては回収値も高い数値に示しているところに注目したい。比較の例として過去10年の弥生賞と若葉S(中山5年→阪神5年で参考にならないかもしれないが)のヘイロー系の成績は以下の通り
        (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
スプリングS   25%−37%−50% / 134円−140円  
(6,3,3,12)
弥生賞      16%−33%−46% /  35円− 87円
(5,5,4,16)
若葉S      17%−34%−39% /  40円− 77円
(4,4,1,14)

といった具合で、ここではヘイロー系を狙ってみたい。

さらにそのヘイロー系の中でも母父リファール系とナスルーラー系がともに2戦2勝と相性が良い。
というわけで、絞り込まれるのは、ダンスインザモア、パリブレスト、ペールギュント。

  
posted by らんふらんこ at 00:32| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

阪神大賞典 考察

阪神大賞典の連対馬。過去9年(10年前は京都開催のため含まず)の連対馬18頭中15頭が以下の条件をクリアしていた。(勝ち馬9頭はすべて、この条件をクリアしていた。)
@菊花賞馬もしくは天皇賞馬で、過去2走内にGT5着以内
A前走GT勝ち
B過去3走内、すべて5着以内で、(A)3000m以上レース連対(B)重賞連対を別々のレースでクリアしている
ちなみに、この条件をクリアしながらも連対できなかったのは03年ヒシミラクル(@)、02年エリモブライアン(B)、00年ナリタトップロード(@)、98年ユーセイトップラン(B)。うち、ヒシミラクル以外は3着に入った。

いずれにせよ、今回この条件をクリアしている馬はいない。それだけメンバーが薄いということ。

とすると、今回は2着・3着に入る条件レベルで、勝ち負けになるということになる。
上記に条件を満たさなかった2着馬3頭+3着馬9頭の共通項は
C去年のの菊花賞3着以内
E去年ののステイヤーズ勝ち馬
D過去3走内にGT級レース勝ち
F過去4走内に勝ち鞍があり、前走は53kg以下で負けている。
G前走3000m以上のレースで連対

※CDの条件を満たせない馬で、前走勝ち馬はこのレースで3着内無し。力の無い馬が前走勝ちでこのレースを迎えることで、「前走走った反動で負ける」といったデータになっている。

以上の条件より本命は?




posted by らんふらんこ at 01:24| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

万馬券1本目

050316.JPG

やりました!万馬券証明書!
posted by らんふらんこ at 22:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。