2005年04月11日

甲子園写真集1(BlogPet)

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が阪神で名物みたいな合唱されたみたい…

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が先輩インタビューした。




*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 19:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

甲子園写真集1

@まずは「らんふらんこはココから見てました」の写真。
今回はレフトスタンド。かなりポール際でした。


A横浜名物「種田ダンス」&そして携帯からも記事にした「それをマネする阪神ファンの種田ダンス」写真は1回のものですが、種田の打席が進むにつれて、阪神ファン・種田ダンサーズが増える増える(笑)!


Bかなりピンボケですが「金本300号!」のホームイン!


C7回裏の名物風船飛ばし!16時試合開始のゲームはちょうど夕焼けに映える感じが、また格別!


D見事4対1で勝利〜!


E「♪六甲おろしに〜 颯爽と〜」試合終了後は六甲おろしの大合唱!


榎本

posted by らんふらんこ at 23:37| 🌁| Comment(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園写真集1


@まずは「らんふらんこはココから見てました」の写真。
今回はレフトスタンド。かなりポール際でした。


A横浜名物「種田ダンス」&そして携帯からも記事にした「それをマネする阪神ファンの種田ダンス」写真は1回のものですが、種田の打席が進むにつれて、阪神ファン・種田ダンサーズが増える増える(笑)!


Bかなりピンボケですが「金本300号!」のホームイン!


C7回裏の名物風船飛ばし!16時試合開始のゲームはちょうど夕焼けに映える感じが、また格別!


D見事4対1で勝利〜!


E「♪六甲おろしに〜 颯爽と〜」試合終了後は六甲おろしの大合唱!




posted by らんふらんこ at 23:36| 🌁| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園写真集1


@まずは「らんふらんこはココから見てました」の写真。
今回はレフトスタンド。かなりポール際でした。


A横浜名物「種田ダンス」&そして携帯からも記事にした「それをマネする阪神ファンの種田ダンス」写真は1回のものですが、種田の打席が進むにつれて、阪神ファン・種田ダンサーズが増える増える(笑)!


Bかなりピンボケですが「金本300号!」のホームイン!


C7回裏の名物風船飛ばし!16時試合開始のゲームはちょうど夕焼けに映える感じが、また格別!


D見事4対1で勝利〜!


E「♪六甲おろしに〜 颯爽と〜」試合終了後は六甲おろしの大合唱!




posted by らんふらんこ at 23:32| 🌁| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

桜花賞考察

さて、甲子園出発前には予想を確定&更新しなくてはならないと言うわけで、前々日発表の形となりました。

早速、桜花賞本命馬はエアメサイアです

今回も血統に注目しました。今回の出走馬は大きく4つの系統馬に分かれます。(カッコ内は過去9年のそれぞれの系統別桜花賞成績)

@ヘイロー系(3,4,6,31)・・・該当馬10
Aノーザンダンサー系(4,2,1,32)・・・該当馬4
Bミスタープロスペクター系(1,1,0,25)・・・該当馬3
Cロベルト系(1,0,1,3)・・・該当馬1

それぞれの系統別に、過去9年(相変わらずですが、10年前は京都開催のため含まずです)の桜花賞のデータを過去実績を中心に絞り込んでいきます。

@ヘイロー系
今回の該当馬も多く、過去のデータも多いことからかなり絞り込みます。
これを中2週〜中4週の組に絞ることで(3,4,5,21)
さらに「前走3番人気以内」もしくは「前走阪神1600m勝ち」に絞ることで(3,4,4,13)
単勝回収値91円、複勝回収値も131円で配当妙味も出てきます。
「それ程間隔をあけず、トライアルでもある程度の人気に押される実力がある馬が好走。」というデータになっています。

該当はエアメサイア(武豊)、エイシンテンダー(武幸)、シーザリオ(吉田稔)、ペニーホイッスル(柴田善)


Aノーザンダンサー系
「前走1番人気」に絞ることで
(4,2,0,3)
「前走が1番人気になる程の実績馬ならアローキャリーのような巻き返しも期待できる」というデータになっています。

該当はアンブロワーズ(四位)、ライラプス(藤田)


Bミスタープロスペクター系
「前走0.4秒以内の負け」かつ「2歳時に阪神JFで3着以内もしくは重賞勝ち」
(1,1,0,0)
ここで重要なのは前走勝ちは該当しないこと。前走勝ち馬は過去7頭、1頭も3着内がありません。好不調の激しいミスプロ系では、GTに来ての連続好走は難しいというデータになっています。
該当馬は無しになります。


Cロベルト系
「1600m以下のOP特別クラス以上勝ち」か「1600m以下の重賞で連対」
(1,0,1,0)
「1600m以下で好走するスピードがあれば、ロベルト系のスタミナで、タフな阪神マイルも好走」というデータになっています。

該当はフェリシア(幸)



さて、がんばって絞ったつもりですが7頭も残ってしまいました。が、一気に騎手データを見て結論に行きます。
さて、今回は3月のクリスタルCでも使い連対馬的中となった過去10年の「4月の3歳限定重賞」(今回は当然4月のデータ)データを見ることにします。人気は関係なしです。

     (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
武豊    26%−34%−43% /  77円− 66円
柴田善    5%− 5%−11% / 192円− 52円
四位    12%−25%−37% / 101円− 93円
藤田     8%−12%−20% /  30円− 42円
幸     10%−30%−40% /  35円−162円

武幸     8戦して3着内無し
吉田稔    2戦して3着内無し


1着狙いで回収値の高い騎手を狙う手もありますが、やや勝率面の数字に信頼がありません。そこでやはり今回は武豊騎手の好成績に乗りエアメサイア本命となりました。
確かに回収値面の低さはありますが、桜花賞の過去10年の成績は(2,2,1,2)単勝回収値130円、複勝回収値134円とかなりの好成績で期待できます。


また馬は複勝率・複勝回収値の高い幸騎乗のフェリシアです。
幸も桜花賞に限れば(1,1,1,2)単勝回収値70円、複勝回収値198円とさらに高い数値となります。

posted by らんふらんこ at 02:10| 🌁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

キルクル大会1位!(BlogPet)

きのうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が、こも発表したの?


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 12:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

産経大阪杯 考察

今回のレースもデータでの絞込みが難しかったです。産経大阪杯の過去10年の連対馬をザッと眺めてみると、1番人気が8連対しながら、5番人以下の馬が5連対して、ちょこちょこ波乱の目もある、また、前走データを見ると前走着順は関係なくきている。非常につかみづらい。

で、産経大阪杯本命馬はサイレントディールです。

結局今回注目したのは血統。過去9年の産気大阪杯(10年前は京都開催でデータに含まず)。やはりヘイロー系の成績が良く(6,2,5,16)で連対率27%、複勝率44%好成績。
さらに
母父ノーザンダンサー系は(3,0,2,8)の成績。父ヘイロー系6頭の勝ち馬の半分は母父ノーザンダンサー系。言い換えると過去9年の産気大阪杯の勝ち馬の1/3は父ヘイロー系×母父ノーザンダンサー系ということになります。
そこで、該当するのがサイレントディール。
鞍乗の岩田騎手の「阪神2000m芝」(過去9年)のデータも
     (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
人気する  38%−46%−61% /  153円− 98円
人気しない 14%−14%−22% /  219円− 59円
※3日0:30現在14.4倍。人気しないものと思われます。
と、好成績でかつ単勝回収値は高い数値となっています。

というわけで、今回の本命はサイレントディールとしました。


キルクル馬(消し馬)はハーツクライ

○須田師格言「迷ったら前を買え。迷ったら後ろを切れ。」
○横山典「阪神2000m芝」(過去9年)の「単勝7.5倍以下」は
(勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
 7%−38%−53% /    56円− 80円

いきなりですが、ノンガバチョ(=複勝圏内に来ない)を目指すのが本来の目的ですが、せめて1着に来ないが、せめてもの目標。今回はその1着が無ければ良いと思ってます。(←いきなり弱気)。






posted by らんふらんこ at 19:40| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダービー卿チャレンジT 考察

いきなりですが、週明けからこの「レースは当たらない」と思いました。
なぜなら「ダービー卿チャレンジTっていつからハンデ戦でした?」
気づいたのは火曜日くらいでしたかね・・・。GTの間に行われる関東の重賞だから忘れてたのかな・・・。でも、気を取り直して。

ダービー卿チャレンジT本命馬はダンツジャッジです。

ハンデ戦になってまだ3年ですが、その3年の連対馬6頭は「斤量据え置きか斤量減の4歳馬」か「斤量減の5〜6歳馬」のどちらか。該当するのは、ジンクライシス(蛯名)、ダンツジャッジ(赤木)、チアズメッセージ(田中勝)、マイネルゼスト(梶)。

残りは該当馬騎乗騎手の騎手データ。今回はいずれも人気はなさそうなので、「中山1600m芝」の「単勝7.6倍以上」(過去8年)で4騎手のデータを見てみると。

     (勝率−連対率−複勝率 / 単勝回収値−複勝回収値)
蛯名     3%−13%−21% / 51円− 74円
田中勝    3%−10%−18% / 71円− 68円
梶      0%− 6%− 8% /  0円− 51円
赤木     騎乗経験なし(中山1600m芝自体に騎乗経験が無い)

といった具合。回収値面、勝率面で信頼のおける成績はどの騎手も無いですが、強いて言うなら「赤木の未知の可能性にかける」が唯一の道と思い、今回はダンツジャッジ本命としました。


また、馬(=推奨穴馬)はジンクライシスとしました。
こちらは血統データ。実はこのデータは須田鷹雄氏が自身著書「重賞マル秘攻略メモ」で公開されているものですが、父レッドゴッド系はダービー卿チャレンジT過去8年(3,2,1,3)と好相性。また、ハンデ戦になって以降の過去3年(こちらは、らんふらんこ独自調査です)も(2,1,1,1)と好相性。蛯名騎手の騎手データは気になるものの、意外とこちらの方が信頼がおけるかもしれなません。


予想評価
(本命予想 ダンツジャッジ)
「自身度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

(★馬予想 ジンクライシス)
「自身度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=低」

posted by らんふらんこ at 02:06| 🌁| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

キルクル大会1位!

リニューアル後最初の記事です〜!
何がリニューアルされたのか、まだ手探り状態ですけど・・・。

さて、先日「競馬道GT3キルトクール争奪戦」なる予想大会が(?)十時龍一さん主催で行われました。(マーチS・高松宮記念の「消し馬」を予想)。
その大会で、なんとらんふらんこが・・・

ドンガバチョ部門1位!(「競馬道GT3」GET〜!)

となりました!

結果&十時龍一さん(教官)のブログ的コラムは→こちら

「そもそも『キルトクール』とは?」とお思いのあなたは→キルトクールブログ

リンク先へ行くのがめんどくさい方や、イマイチわかりきってない方へ、簡単に説明するとですね〜。
キルトクール=切ると来る・・・正しくは「切ると来る」ことのないように、切る馬(消し馬。)を指名する。
の意味です(たぶん、あってます)。
メチャ弱そうな18頭立ての18番人気を消して、結果18着でバンザイ!ではなく、できるだけ人気の馬を消して、しかもギリギリ馬券に絡まない=4着止まりになることが、美しいとされます。

で、「ドンガバチョ」の意味は・・・。
もしキルトクール指名馬(=消し馬)が、3着以内に入ってしまったときには、「ナンテコッタイドンガバチョ」と頭を抱えてしまうことからこの名がついたとされます。
その衝撃度をそのまま「ドンガバチョ」の単位で表すのですが、指名馬が1着なら単勝配当が、2、3着なら複勝配当がポイントとなります。

結局、説明が長いんですけど、要するに
「消した馬が、見事馬券に絡んだので、らんふらんこはマイナスポイントが多い部門で1位」(=最下位?)
というわけです。


これって、不名誉なのか・・・喜んで良いのか・・・。



いや、喜んではいけない!(でも、もらえるものはもらう!)



そこで・・・


今週末の予想からキルクル馬指名はじめます!



結果キルクルがないようがんばります!そして汚名返上します!

で、ドンガバチョ数を計算する方法もあって、一応理解しているつもりですが、いかんせん表計算ソフト等がらんふらんこのパソコンには入ってません。
そこで、普段から予想している「本命馬」「推奨穴馬」同様、「100円均等買い」をしたとしての単勝回収値・複勝回収値を週明けに発表します。(これならTARGETで計算できるので。)

この予想に関しては、その理由等の根拠は短めにします。(いつも、本命馬の説明が長いのと、そこまで説明できる体力も無いので。)


めざせ、ノンガバチョ!
posted by らんふらんこ at 22:45| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

眞鍋ブログへトラバ(BlogPet)

きょうらんふらんこ2号(らんふらんこのペット)が絵心に更新するはずだったの。


*このエントリは、BlogPetの「らんふらんこ2号(らんふらんこのペット)」が書きました。
posted by らんふらんこ at 11:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。